うつ病 治療 ☩ PTSD 症状(心的外傷後ストレス障害) ☩パニック障害・不安障害/適応障害の解決を目指す。

【伝えたい想いとメッセージ】・その苦痛は『病気ではない』・その苦悩は『障害ではない』 心身の問題を解決する為に、 すぐに「薬を頼りにする」のは止めておこう。 なぜなら薬物には危険な副作用や、 依存などのリスクがあるからです。 ・意識(本当の自分)として、 『自身の思考や感情の動きを観察・制御』しはじめれば、 心身の問題はスムーズに解決可能となります。

【わたしが医療現場で学んだこと】

f:id:jesus-christ123:20210226140156j:plain

現代の社会構造はとても複雑になってきているので、
人間関係も窮屈なものが増えてきているのですが、
そんな中ではいつの間にかストレスを多く抱えてしまったり、
そのまま体調を酷くこじらせてしまうなんてことが、
事実として全く珍しくありません。

そして実際にそのような状態になってしまった方々というのは、
ある日に病院に通いはじめ、「副作用のある薬を飲む」ようになったり、
緊急の場合には、「入院してしまう」こともあるのですが、
実のところそういった病院や薬物療法というのは、
どれほど優れた最新のものであったとしても、
『真の解決』そのものを提供してくれるわけではないのです。

つまり覚えておいてもらいたいのですが、
病院・医師・薬などを頼りにしても、
それは一時的な気休め程度にしかならず、
その対処法では、心身の問題を完全に解決することはできません。

実際にわたしはある病院施設・医療現場と関わっていた時期に、
「何度も同じ症状をぶり返し、何度も入退院を繰り返す」といった、
そんな患者さん達をたくさん目の当たりにしたのですが、
まるで彼らの多くは、病院と医師だけでなく、
薬物療法そのものに依存し、洗脳されているかのように見えました。

もちろん緊急的な場合においては、
薬が必要となるケースも当然にあるのですが、
それはその範囲のこととして、よく見極めておく必要があります。

ですから今現在あなた自身が、
本当に『心身の苦しみや悩みを解決したい』と望んでいるのであれば、
まずは「病院に行けば何とかなる」だとか、
「薬を飲めば治る」というような安易な考えは控えておき、
軽率な行動は取らないようにしておきましょう。

そしてそんなことよりも、
『意識的に何が問題となっているのかに深く気づく』ことを重要視し、
『より健康的でシンプルな解決策を見出す』ことに専念するのです。