うつ病 治療 ☩ PTSD 症状(心的外傷後ストレス障害) ☩パニック障害・不安障害/適応障害の解決を目指す。

【伝えたい想いとメッセージ】・その苦痛は『病気ではない』・その苦悩は『障害ではない』 心身の問題を解決する為に、 すぐに「薬を頼りにする」のは止めておこう。 なぜなら薬物には危険な副作用や、 依存などのリスクがあるからです。 ・意識(本当の自分)として、 『自身の思考や感情の動きを観察・制御』しはじめれば、 心身の問題はスムーズに解決可能となります。

おすすめ 本 6(うつ病 PTSD 適応障害/パニック障害 トラウマなどの自主治療/克服・解決方法)

f:id:jesus-christ123:20210226142935j:plain

『毎日は、神からのプレゼント』 喜怒哀楽 365日~。
 
【人類はいつでも神に基づいている存在】

・「とても『喜』ばしい想いが溢れている日」 ◎

・「なんだか『怒』りっぽくなっている日」 ◎

・「どうしても『哀』しい気持ちが続いてしまう日」 ◎

・「ただ純粋に『楽』しい気分でいっぱいの日」 ◎

そうした毎日の色々な体験・経験というのは、
ちゃんと『ボクらの根源・本質から提供されているもの』で、
生涯におけるすべての日々は、
『神の配慮によって贈られるプレゼント』です。

もちろんその中身の種類によっては、
ある日に全く面白くもない体験をしたり、
受け取った時点で強い衝撃を受けたりもするんだけど、
それでもその中身・内容の奥には、
しっかりと『本質的な導引や教え』が備わっているから、
いずれは「痛みも信頼に値するものであった」ということが、
意識的にハッキリと実感できるような日が必ず訪れる。


『アナタは存在として本当は何をしているのか?』

           ▽

【ボクらを飛躍させ、進化を促している存在】


『存在とは生命そのもの』のことで、
それは「神」という言葉で表現しても間違いではないんだけど、
その存在・生命というのは、ボクらの意識・魂を通じて、
『いま』も実際にこのような現実創造・体験を繰り返している。

つまり『生命そのものが生きることをしている』ってことであり、
ボクらは今回この地球と主に関わりながら、
毎日そのような実質を続けているんだ。

●目次

はじめに
【1章】『喜ばしい想いが溢れている日には~』
【2章】『怒りっぽくなっている日には~』
【3章】『哀しい気持ちが続いてしまう日には~』
【4章】『楽しい気分でいっぱいの日には~』
おわりに
お問い合わせ先。